入場式ではダイジョ生え抜き3人娘がリング上へ。三女から順にあいさつ。
山下りな「皆さん、こんにちは! 今日は湿気が多くて、だいぶ気持ち悪いんですが、それを吹っ飛ばすぐらい大きな声でご声援、お願いします!」

フェアリー日本橋「どうも、フェアエリー日本橋です。今日は、いつもと違う試合見せますので、皆さん、いつものふわふわした私だと思わないでください。応援、よろしくお願いします」

下野佐和子「皆さん、こんにちは。“おさわどん”こと下野佐和子です。本日も平野区民ホール、ご来場ありがとうございます。
本日も選手一同、最後まで頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」
そして下野がそのまま「今日はお客さんも一緒にスタートの合図をいきたいと思いますので、いいですか、用意は?」と観客と一体になってのオープニングコールをお願い。
そして「エンジンかけます。ブーン、ブーン、ブーン! ダイジョ、いくで! オー!」の掛け声で10月大会は始まった。

看板娘。リニューアル!?(15分1本勝負)
○三代目・三崎グリ子(仮)(9分52秒 片エビ固め)三代目・三崎グリ子(仮)●
※グリ蹴り

copyright-daijo-1-1二代目のリニューアルによって5月大会から始まった三代目オーディションマッチ。この日、最初に入場してきた三代目・三崎グリ子(仮)は、2度目のチャレンジとなる長浜浩江似。
続いて登場した三代目・三崎グリ子(仮)は長身で少し年配である桜花由美似。
最終オーディションとあって、選考委員である山縣優がリング下で見守る中、過去3度ではなかったグリ子同士の対戦となった。

 試合開始のゴングが鳴るや、観客からは「大きい方」「おばちゃん」(長身グリ子)、「ぽっちゃり」「若い方」(長浜似)といった声が飛ぶ。
闘いというよりもグリコポーズ合戦といった内容。ロープブレイクの際や、相手を攻撃しては互いにグリ子ポーズでアピール。
相手がポーズをとると、対抗してポーズを返すといった具合。

 ドロップキック連発で長身グリ子を攻め立てた若いグリコは、キャメルクラッチに捕らえると、「大阪名物、たこ焼きや!」と長身グリ子の顔でいたずら。
その後もドロップキックを連発して攻め込む若いグリ子に対し、長身グリ子は「いんじゃんほい!」と突然、じゃんけん勝負に持ち込むが、ともにグーを出して勝負がつかない。
あいこの勝負でも2人ともグーを出し続けて延々とじゃんけんが続く。
しびれを切らしたのか、長身グリ子はグーの出すタイミングでボディーのパンチを見舞っていった。

copyright-daijo-1-2

 入場時に締めていた鉢巻を取り出した長身グリ子は、それで若いグリ子の首を絞める。
そして、首に鉢巻を巻き付けたまま投げを放っていった。
さらに串刺しでビッグブーツを決めると、若いグリ子を入場時に持っていたお菓子BOXを取り出して攻撃を仕掛ける。
しかしこれは若いグリ子がお菓子BOXをつかんで阻止。
それでも長身グリ子は、顔面を蹴り上げるビスコでダメージを与え、最後はビッグブーツでカウント3を奪った。

 試合後、山縣がリングに上がって選考発表。

「今日こそは決めよたいと思ってました。デカイ方、すごく背が高いし、奇麗だし、そのコスチュームもすごい合ってると思います。
合ってるとおもうの。ちょっとポーズしてもらえるかな?」と長身グリ子にポーズをとらせるが、突き上げた両腕の手首から先が下を向いている。
それを見て山縣は「違うのよ、ここが」と指摘。そして「これなのよ」と若いグリ子に正確なポーズをとらせた。

そして長身グリ子への合否判断が続く。
「それでね、すごい良かったんだけど、エグイのよね。
(先代の)グリ子って、反則もしなかったと思うんですよね。なんか反則使ってたですよね、この人? だから、申し訳ないけど、あなたは却下です」と勝った長身グリ子は不合格に。

copyright-daijo-1-3 copyright-daijo-1-4 copyright-daijo-1-6

copyright-daijo-1-7
そして改めて、若いグリ子に対し、「ぽっちゃり。2回目の挑戦ですよね? 前回、ニーパット、オレンジでしたよね? 
今日は頑張って、白になってたんです。シューズは仕方ないですね、高いもんですからすぐに買えないですもんね。
それは置いとして、その間は体幹がふらふらだったんです。でも今日は、ピンッとなったんです。変わりました。今日、(三代目を)決めるって決めたから……」と最終結果発表に。

copyright-daijo-1-8 「じゃあ、第三代・三崎グリ子として頑張っていただく方は……握手しましょうか」と長身グリ子と若いグリ子を並べて向かい合った山縣は、「こちらでお願いします」と若いグリ子と握手。
最後に、「やっぱりこういうキャラクターは、若い方がいい」と選考の決め手になったポイントを述べ、「そうですよね、お客さん?」と同意を求めた。
そして合格した若いグリ子にマイクを渡す。

 「第三代グリ子になることができました! これからOSAKA女子を第三代グリ子として盛り上げていくので、よろしくお願いします」と就任のあいさつ。
最後は最終選考会で争った2人が並んでグリコポーズをとってからリングを下りた。

幻魔大戦~新章~(15分1本勝負)
○水波綾(9分46秒 体固め)めぃりぃ●
※ダイビングギロチンドロップ

copyright-daijo-2-1

copyright-daijo-2-4
試合開始のゴングなると、まずはめぃりぃが「現役メイド、現役ナースのめぃりぃです。今日もご主人様のために頑張ります」と自己紹介。
続いて水波の自己紹介タイムとなるが、水波は「できない」と拒否。「自己紹介……」と何度もお願いするめぃりぃだが、水波は断固拒否。
しつこく頼んでくるめぃりぃをエルボーで吹っ飛ばす。

copyright-daijo-2-5

 力ではかなわないと判断しためぃりぃは、「私の得意の萌え萌えじゃんけんで勝負だ」と得意分野に持ち込む。
しかし、これも水波は拒否。
するとめぃりぃは「上の人がやってくれるって……」と泣きつく。
さすがに社長命令とあっては水波も拒否できず、萌え萌えじゃんけんに付き合う。
勝負はめぃりぃの勝ち。「メロンパンナちゃんのメロメロパンチ」を放っていくも、水波には全く効きめなし。

 ならばと“台本プロレス”に持ち込むが、これも水波が台本を引き裂いて拒否する。
水波の串刺しラリアットを浴びながらも、ドロップキック、ミサイルキックで反撃に転じためぃりぃ。水波が突進してきたところ、肩に担いでバックフリップを決めた。
しかし続いての攻撃を狙ってロープに飛んだところ、足がもつれて倒れ込む。
気がついたところで、リング上でダウンしている水波の姿が目に入り、「あっ、あんなところに人が倒れてる。人命救助……」と救急措置を施す。
「気道確保、脈拍……」とまずは確認していくも、下半身の状態確認したところで驚きの表情。
「ついてる!」と声を上げた瞬間、水波が正気に戻り、スピアからダイビング・ギロチンドロップを見舞って勝負を決めた。

Generation(20分1本勝負)
○山下りな(7分35秒 片エビ固め)小林香萌●
※ラリアット
※もう一人は夏すみれ

copyright-daijo-3-1実は同期である3選手による3WAYマッチ。

 夏すみれと小林香萌が手を組んで山下りなを攻撃。夏が山下をキャメルクラッチに捕らえると、小林が山下の顔面に低空ドロップキックを見舞った。
続いて小林が山下をキャメルクラッチに捕らえる。夏はロープに走って、小林の顔面に蹴りを叩き込む。てっきり山下を攻撃するものだと思っていた小林は、状況が理解できてない様子。
それでも試合は進んでいく。

 小林が山下に串刺しドロップキックを見舞えば、夏がブロンコバスターで続く。
そして小林が夏にコーナーに上るよう指示を飛ばし、ボディーアタックを決めさせる。
そして夏が小林にロープに上がるように指示を飛ばすと、夏はそんなこと関係なく山下を丸め込んでいく。

copyright-daijo-3-3

copyright-daijo-3-4 copyright-daijo-3-5

 これには小林も夏に詰め寄るが、山下が近づくと、瞬時に手を組んでダブルブレーンバスターを狙う。
しかし山下が、2人まとめてブレーンバスターを決め、ロープを背にした夏にラリアット。
そして夏の体をトップロープに引っ掛けると、小林がドロップキックを放っていく。そして、リング中央でダウンした夏に、山下が小林を抱え上げてボディースラムで叩きつける。

 山下はコーナー下に置いてあった雑巾を取り出して、「今日も見事な厚化粧ですね」と言って、夏の化粧を拭き取る。
夏は「厚化粧じゃない!」と否定するも、ロープに括り付けられているので抵抗できず。

 夏が山下にビッグブーツ、小林が夏に延髄斬り、ミサイルキック、山下が小林に串刺しラリアット山下が夏にバックドロップと、
目まぐるしく戦況が変わる展開の中で、山下が小林にラリアットを決めてカウント3を奪った。

copyright-daijo-info

休憩明けのインフォメーションコーナーには、フェアリーがメインに出場のため長身の三代目グリ子(仮)がマイクを手にリング上へ。
「私が担当します」と言ったところで、正式に三代目に就任したグリ子もリング上へ。結局、2人で進行することに。

 今後のZABUNグループの年内大阪大会の告知とチケット先行発売情報、さらに新発売のグッズなどを紹介した。

ダイジョ新喜劇~平野へいらっしゃい!~(20分1本勝負)
○ハイビスカスみぃ&救世忍者・乱丸 (11分47秒 ジャーマンスープレックスホールド) ポリスウ~メン&クロネコ●

凡女☆美ィーナスとして入場してきた救世忍者・乱丸&ハイビスカスみぃ。ダイジョ旗揚げ当初からと最新キャラクターコンビと激突した。

copyright-daijo-4-1 

copyright-daijo-4-2先発は乱丸とポリスウ~メン。
乱丸がボディースラムを狙うも持ち上がらず。

観客からパワーをもらって再度トライするものの、逆にポリスウ~メンのボディースラムを浴びた。
乱丸をマットに叩きつけたポリスウ~メンは、「なんだか力がわいてきた!」と攻撃を仕掛けていく。

 みぃvsクロネコの展開になると、クロネコの波状攻撃を浴びたみぃが泣き出す。
そして乱丸と2人がかりでクロネコを攻撃。
今度はクロネコが泣き出した。なだめるポリスウ~メンにネコ語で泣いている理由を説明するクロネコ。
ポリスウ~メンは「そうか」と納得するが、乱丸が「わかるか!」と突っ込みを入れる。

copyright-daijo-4-3

copyright-daijo-4-4 ポリスウ~メンとクロネコのクロスラインをかわした乱丸は、金縛りの術を放つ。
動きが止まったクロネコの足を上げて股を開かせると、動きが止まっているはずの石黒レフェリーが覗き込むように体をクロネコの近づけていく。
続いてポリスウ~メンのコスチュームの裾をたくし上げて下着が見える状態に。
しかし石黒レフェリーは顔をそむけた。
金縛りの術が解かれると、ポリスウ~メンは石栗レフェリーに詰め寄っていった。

 止めに入った乱丸だが、クロネコのボディースラムを浴び、ポリスウ~メンとは回転エビ固め応酬。
両者ともカウント2で返した後、乱丸はみぃにタッチしてリング下にエスケープ。

 みぃにロープに振られたポリスウ~メンは、その勢いでリング下にいる乱丸にスライディングキック。
みぃもポリスウ~メンにロープに振られたが、スライディングキックでロープに当たるのを避けたが、リング下の乱丸を蹴り飛ばす形になった。
それを合図に場外乱闘。

 アリーナ後方からテーブルを持ち出したポリスウ~メンは、みぃをその上に横たえてコーナー最上段へ。
危険を察知した乱丸がポリスウ~メンを突き落とし難を逃れた。

copyright-daijo-4-5 リングに戻ると、ポリスウ~メンはみぃにえびす落とし。
そしてDDTからムーンサルトプレス。
しかし、これはみぃにかわされた。
みぃは代わったクロネコのフライング・ボディーアタックを浴びながらも、スタナーから低空ドロップキック、雪崩式ブレーンバスターと攻め立てる。
クロネコの逆さ押さえ込み、首固めをカウント2で返すと、ポリスウ~メンのラリアットをクロネコに同士打ちさせ、ジャーマン。
そのままブリッジで固めると、カウント3が数えられた。 

 試合後、勝利したみぃはマイクをつかみ、「珍しく私が勝ちました。これは、このダイジョの後に行われるWAVE、DUAL SHOCK WAVEの準決勝を控えてる私の気持ちが出た試合だったと思います。
次の興行で準決勝が行われます。私は(小林)香萌ちゃん、弟子と組んで、橋本(千紘)、水波(綾)組と対戦します。
普通に考えたら、やられる可能性が大きいでしょう。普通に考えたら。でも、普通じゃないのがWAVEです。
私と香萌ちゃんのチーム絶体絶命が、優勝するぞ。オー!」と勝利宣言してリングを下りた。

ダイジョハード・エンゲージ(30分1本勝負)
○黒弁天。&大畠美咲&志田光 (16分43秒 フィッシャーマンスープレックスホールド) 下野佐和子&山縣優&フェアリー日本橋●

copyright-daijo-5-1フェアリーはステッキもライトセイバーも持たず、緊張した面持ちで入場。
6選手がリングに揃ったところで大畠美咲組が先制攻撃を仕掛ける。
リング上にフェアリーを孤立させて集中攻撃を見舞う。
タッチを受けた下野が黒弁天娘にロメロスペシャルを決め、山縣優のトップロープ越しのフットスタンプを呼び込む。

 フェアリーもタッチを受けて先ほどの反撃とばかりに攻撃を仕掛けるが、逆襲に遭うと後退。
大畠に髪をつかまれて投げられ、志田光のヒザ蹴りを叩き込まれる。
さらに黒弁天娘にはマスクに手をかけられ、敵コーナーに連れ込まれて3人がかりでの攻撃を浴びる。それでもドロップキックでピンチから脱出。

 代わった山縣は下野との連係からクロスフェースロックを黒弁天娘に決めるが、志田がカットに飛び込んできて決めきれず。
大畠のボディーアタック、志田のジャンピング・ヒップアタック、竹刀攻撃、大畠&志田のダブルブレーンバスターで追い込まれながらも、志田にバッククラッカーを決めて下野にタッチ。

copyright-daijo-5-2 copyright-daijo-5-3 copyright-daijo-5-4

copyright-daijo-5-5 志田をカナディアンバックブリーカーに担ぎ上げた下野は、そのままコーナーに吊り下げて、背中へ串刺しのボディースクワッシュ。
続いて雷電ドロップを放ったが、かわされてしまった。
それでもバックフリップから雷電ドロップを決めた下野だが、志田の雪崩式ブレーンバスターを許し、黒弁天娘の顔面キックを浴びる。
黒弁天娘のスリーパーは山縣がカット。
下野は一本背負い3連発から雷電ドロップで反撃。しかし黒弁天娘もプラスチック製の黒バットを持ち出して、下野にフルスイング。
大畠がカットに飛び込んできた山縣を羽交い絞めにしたところ、志田がしない攻撃を見舞ったが、かわされて同士打ち。

 乱戦の中でタッチを受けたフェアリーは、黒弁天娘にフェースクラッシャー2連発からブレーンバスター。
しかし黒弁天はアンクルホールドを決めるが、フェアリーは丸め込みに切り返し、側頭部に回し蹴りを決めるがカウント3は奪えず。
さらに攻撃を狙ってロープに走ったが、大畠にエプロンから蹴りを叩き込まれて失速。
黒弁天娘のセントーン、ミサイルキック、志田のスリーカウントから黒弁天にフィッシャーマンズスープレックスを決められマットに沈んだ。 

copyright-daijo-5-6 copyright-daijo-5-7 copyright-daijo-5-8

 勝利した黒弁天娘は自らマスクを脱ぎ捨て、正体が飯田美花であることを明かした。
そしてマイクを手に。
不敵な笑みを見せながらこう言った。

copyright-daijo-end-1

 「山縣優、あたしに何て言ったか、覚えてるか? 『飯田ちゃん、力貸してしてください』。
ふざけんなよ!なにが『力貸してください』だよ? 力貸してくださいって言われて、ポッキー回して、かわい子ぶって楽しく試合してたのに、
力貸してくださいって言われてそっち入ってみれば、抗争に入れられてないじゃん。どういうことかな? お前ら、ダイジョ正規軍かなんか知らないけど、1回も勝ったことないんじゃないの? 
負けた傷、舐め合ってるだけじゃないの? だから勝てなんじゃないんですか? お前らみたいなカス野郎、ぶっ潰してやるよ」

  これに山縣が言葉を返す。

copyright-daijo-end-2

 「言いたいことは、それだけですか? 
ま、確かに、私があんたをこっち寄りにしようと思ったわ。まあ、お世辞抜きで、あんたのことをリング上で褒めてきたのは確かだわ。それは認めるわ。
その結果、あんたはこのチームに入ってないかもしれない。でも、それもあんたの実力なんじゃないの? 
そうじゃないみたいだね? あなた、そっちに行ったってことは、それだけの覚悟と自信があるんでしょうね? じゃあ、来月、楽しみにしてますわ。それでは、さようなら」

 こう言われて、パラパラとした拍手の中を引き揚げていく勝者トリオ。
そして山縣は気を取り直して、この日のパートナーの言葉を投げかける。

 「ちょっと空気悪くなりましたけど、フェアリーちゃん、マスク大丈夫? 初めてじゃないの、そうやって(マスクに手を)かけられたの? どう思う?」

copyright-daijo-end-3

これにフェアリーが「ちょっと、覆面レスラーにとっては、マスクは命です。ちょっと松本都選手との試合で、自分から脱ごうとしたことっはありましたが、脱がされたことは初めてです。
そしてまさか、黒弁天娘が飯田さんだなんて、思わなかったわよ。人間不信になりそうだわ。この恨み、晴らさでおくべきか!」と珍しく怒り口調。
そして「おさわどん、言ってやって」と下野にマイクを渡した。